スマホは水没したらもう駄目なの?正しい対処法は何か

被害を広げる行為をしない

お風呂で音楽を聴いたり、映画を見るなどスマホは生活を便利にする機器だと言えます。しかし、精密な機器であるが故に水には弱いです。たった数秒水の中に落としただけで、あらゆるトラブルが発生してしまいます。

水没した時は慌てるのも無理はありませんが、まず電源を付けたり消したりしてはいけません。電源を付けると電気が発生しますが、水を通してあらゆる部分にダメージを与える可能性があるからです。また、水滴を落とそうと振ってしまうのも逆効果で、落とすどころか水を満遍なく広げてしまいます。間違った行動がスマホにとって致命傷となる可能性もあります。

乾かして修理依頼をする

水没したら、とにかく表面をタオルで拭いて乾かします。決して分解しようとしてはいけません。風通しの良いところに置いて、修理依頼をします。水没は大変な事態ではありますが、いきなり予約もせずに持ち込むのは好ましくないです。既に予約が埋まっていたら何時間も待つことになりますし、お店の方も困ってしまいます。一刻も早く修理してもらいたいという気持ちは分かりますが、予約をしてから伺うという順序は守りたいものです。

亀裂があれば重症化する

スマホの水没によって助かるか否かは、その時の状況次第です。長く水没すればそれだけ壊れる可能性も高まります。スマホに亀裂があればそこからどんどん水が入り込むので重症化します。

修理が難しくなれば、買い替えの検討も必要です。もちろん修理の方が少ない出費で済みますが、一番大切なのは水没するような環境で使用しないということです。

今や生活必需品となったスマホ。落下や水没、突然の故障や電源の消耗の速さなど、不具合が起こったらスマホ修理を依頼しましょう