知らなかった!?LEDの寿命についての基礎知識

LEDの寿命はどれぐらいなのか

家庭などで使われている照明には、省電力で知られるLEDが使われることが多くなっていますが、LEDには他にも寿命が長いという魅力があります。従来使われていた照明の寿命は、白熱電球だと1000~2000時間程度で、蛍光灯だと6000~12000時間程度だと言えるでしょう。しかしLEDの場合は、それらを遥かに上回る40000時間が寿命とされており、一日10時間程度使用した場合は10年以上持つという計算になります。LEDは、価格が高いことがネックになっていますが、消費電力の少なさや寿命の長さを考慮すると、長期的に見た場合のコスト削減にとても役に立つ照明だということが言えるでしょう。

寿命が来る前にLEDが壊れてしまう理由

LEDの寿命は40000時間ととても長いものですが、実際には数年程度で使えなくなるというケースもあります。LEDには、白熱電球のようなフィラメントがないため、原理的に球切れのようなことは起こらないのですが、電球の内部に組み込まれた基板部分が壊れてしまうことがあるのです。この電子部品が壊れてしまう原因としては、粗悪な部品が使われていた場合や、熱がこもりやすい密閉タイプの照明に使われた場合が考えられると言えるでしょう。LEDの基板部分は熱に弱いため、浴室で使用されるような密閉タイプの照明で使うと熱がこもって壊れやすくなってしまうのです。なので長い寿命を保つためには、信頼できるメーカーの製品を選ぶことや、正しい使い方をすることが重要になってくると言えるでしょう。

ledパネルは電気代、交換頻度の面でコスパがよくエコなので、最近では蛍光灯や白熱灯のものに代わって広く設置されています。